2017年8月18日金曜日

はてさて8月

こんにちは 信です

お盆も明け如何お過ごしでしょうか?


jeeもgaraも元気でした

windflowのツアー時など乗車要員だったそれぞれの運転する車に揺られ

時間は経ったなぁとしみじみ(笑)


お会いした皆様、元気で本当に嬉しかった

ずっと元気でいて欲しい


今回は少し両親と話をした

今の仕事や今後について

なかなか面と向かって話が出来る時間が無いので、とても有意義だった

こんな歳になっても心配をかけてしまって申し訳ない

いつだって気は抜いていないつもりだけど、そろそろ本腰を入れなければと思った



最近もずっと本の虫 移動の際はどっぷりなので少し紹介しておこうと思います


・一瞬の光 /白石一文

エリート街道を突き進む主人公が一人の女性と出会って

その人生の全てが変わっていく様を描いた長編

600ページ弱の物語はすごく濃密で、考えさせられることが多い

主人公の年齢が自分とそう離れていないので感情移入が容易でした

「本当に人を愛せた時に、ようやく自分自身も愛せるようになるんだよ」

おすすめです


・スマホを落としただけなのに /志賀晃

このミスで話題になっていた作品

中古で手ごろな価格だったので買ってみました

題名通りの紛失から転落していくとても現代的なストーリー

視点がころころ変わるので、既視(読)感の重複が多々

展開が早く一日で読めるので、てっとり早く現代ミステリーを味わいたい方に



・北斗 ある殺人者の回心 /石田衣良

前に購入して棚で眠っていた作品

これも5~600ページくらいあった気がする

両親に恵まれなかった主人公が殺人者となり逮捕され

そこに決着をつけるまでを幼少期から描いた物語

心の傷を持った主人公に光と闇が交差します

少し重い内容ですがすらすら進んでいけるので

すでに親の立場の方、これから親になる方にぜひ読んで欲しい


・宿命 /東野圭吾

なぜだかアイツが気になってしかたない そして気に食わない

刑事となった主人公は少年時代の宿敵と、ある事件をきっかけに再会

志半ばであきらめた恋人は宿敵の妻となっていた

そして絡んでくる心の中でくすぶっていたある事件

いくつもの出来事が重なって最後にひとつの真実に辿り着きます

最後なんかは少しやり過ぎ感があった気がするけど、面白かったです


・残穢 /小野不由美

映画化で話題だった作品を古本で購入

前回書いたマレーシアで読んでました

ドキュメンタリーチックなホラー

普通のホラーでは無いなんとも不思議な感じでした

読後映画も見ましたがやはり淡々とした作り

元凶を掘り下げていく描写は原作の方が良かった

しかしこの通りだとしたらもはや地球上に害のない場所なんてありませんな

ちょっと変わったじんわりした怖さをお求めの方は夏の終わりにぜひ


とりあえず今回はここまで

気になったのがあればブックオフへGOですよ(=゚ω゚)ノ


残暑厳しい東京ですが、そちらも体には気をつけて

まだまだかましてやりましょう

また書きますv( ̄∇ ̄)


































































2017年8月3日木曜日

昨夜遅く・今朝方と広い範囲で地震

なんとも長い揺れで少し怖かったです

そちらは大丈夫?



だいぶご無沙汰しております 信です

あっという間に8月 セミさんもテンションMAX

ポリ素材以外のワイシャツなど着ていられません( ̄ω ̄)

本が増えすぎてこまってます 誰か貰ってくれませんか( ̄ω ̄)

皆様はお変わりないでしょうか



相変わらずこちらはひーひー言いながらなんとか(笑)

特に今年は七転八倒 起きたと思ったらまた転ばされてるような感じ

いくつになっても人生とは甘くなく、簡単にイージーな方へ行けたりはしないのだなと痛感しております

このまま会社を引き継ぐのか、別の分野に飛び込むのか正直迷ってます

むぅ




先日シンガポールとマレーシアに行ってきました



東京がクソ暑い時期だったのもあって過ごしやすかった(とはいえ汗だく)

どこの国に行ってもスーパーやコンビニを眺めるのが楽しい(笑)

Red Gardenという夜中までやってる大きなフードコート広場のような場所で

ビールを飲みながらステージで歌う方に合わせて歌うのは本当に気持ちが良かった!







エースは水面下ですがちゃんと音を鳴らしております

今年も山形野外のお誘いをいただいたのだけど、予定合わずで断念

秋か冬にはライブもする予定でいます

テンションの高い動画があったので上げておきました

またライブでもお会いしましょうね(=゚ω゚)ノ




もう一つのライフワークも依然 奮闘中

その繋がりで出来た新しい友人たちとの飲みや、ご依頼いただくお客様にほんと助けられてます

自分の仕上げたものを大切にしてくれてるのを見ると嬉しくなっちまいます






目下の生きる希望は

いつか「自分はこの時の為に生まれた!」と本気で思える瞬間を味わいたい

もうほんとそれだけです



しんどい時に夢に出て来てくれるのは本当にありがたい


うだつの上がらない自分を上げるのも自分


くたびれた事もいつか誰かとの話のネタになればと考ることにしている



windflowの時に「理-kotowari-】というシングルを作ったんだけど


合間を見つけて同じタイトルで長編でも書いてみようかな やりたいことは元気なうちにやっときたい


今はお盆にじじーと飲みに行くのが楽しみでござる(★ ̄∀ ̄★)


本当に回りに居てくれる方々ありがとう



まだまだがんばります!

2017年3月3日金曜日

神様からひと言


とんでもなくお久しぶり

信です


昨年11月のコミネスが終わって

あっという間に年が変わって(正月は胃腸炎にかかって寝正月)

なんだかんで三月で御座います

皆様いかがお過ごしでしょうか?




仕事は波乱続きで参っちまいそうになってました

軽く人間不信(笑)

いや笑ってる場合じゃねーか

しかし最後まで負けませぬぜ

体もばっこり悲鳴を上げてましたが、三十過ぎでくたばってたまるかぃ



エースはマイペースで活動中

続けることが最大の目標 他は正直なんでもいいや

じじぃだらけのフェスをいつか開いたろうと三人で話してます(笑)

春らしい新しい曲をお届け出来そうなので、その際はぜひ宜しく



全然違う方面の尊敬するゴッドハンドと先日飲みの機会をいただきました

22時から飲みに出かけるなんてまだまだいけるな

結局朝までのオールナイト

死ぬ思いの一週間を抜けたからなのか、眠気なんぞ一回も来なかった

ひたすら飲んで、ひたすら話して、三軒はしご

一度目にお会いした時は正味5分、二回目の今回は7時間

ほぼほぼ初対面に近いという(笑)

とても嬉しかった

俺もまだまだがんばろう お誘いありがとうございました!



最近は(というか、いつも)映画と本ばかり

また荻原さん読んでました

読んだことが無いものを古本屋にて発見したので購入 108円!


今回はミステリー色はほとんど無し

本日読み終えて、元気をもらえました

荻原さんのお話は素敵だ

興味があったら読んでみて下さい



ではまた書きます お互いがんばろう(★ ̄∀ ̄★)

2016年11月14日月曜日

白河は晴天なり


こんにちは 信です


先週末は白河へ帰っていました


11/26の「WE WILL ROCK YOU」の説明会に出席




当日の説明・出演順の抽選など行い、コミネス(外観)を下見に行きました


作っている姿は何度も目にしましたが出来てからは初めて


大きな会場なので近くからだとうまく写ってくれない


理事長の方も「外より中の方が凄いから」と仰ってました(笑)






実は今回の説明会にはwindflowのjeeも同席


当日の搬入やセッティングを手伝ってもらいます



白河の新名所で演奏出来るということもあって


従兄弟や親戚なども見に来てくれるとのことで本当にありがたい


15年以上も自分がやってきたことを見てもらう良い機会



説明会でいただいたチケットは全て渡してしまったので手元に無いのですが


もちろん当日も配布されるとのことなのでぜひ遊びに来てもらえたら嬉しいです



なんと今回審査員で憧れのTHE BACK HORNの松田さん(Dr)が来て下さるとのこと


まさかライブを見てもらえる日が来るとは。。。感激です!




後は三人で当日まで仕上げるだけ


びしっとやります(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)







そして先日ジムメイトのタイトルマッチに行ってきました


結果は残念だったけど、とてもかっこ良かったし誇らしかった


同じ空間で練習をしている人が立つ大舞台


言葉にすると安っぽく見えるのが嫌だけど、本当に感動しました


出来る事ならずっと見ていたいと思いました


また次回も応援に行こう☆





実家に帰った時も少しトレーニングが出来るように両親の許可をもらい


物置として使っている屋根裏部屋を少しずつ改良することにしました


まずは↓




シングルの寸法を測り、大体の動く範囲をカバーできる手ごろな厚みの板を購入


インパクトで梁に打ち込みシングルのスペースを作りました


ジムでは他の音もバシバシ鳴っているのであまり気になりませんが


自宅設置は予想通り跳ね返りの音もスイベルの音も凄くうるさい(笑)


マンションではまず無理なので許可をくれた両親に感謝☆




日々精進!!!!
















2016年11月8日火曜日

男はキツイ時こそ夢見る生き物さ


こんばんは 信です


今日は20時ころから雨が降り出しました


愛用のadidasのサウナスーツを羽織り、結構な雨の中をジムへ向けて歩く


もう何百回も洗ってるのでくったくたなadidas君



俺、意外と物持ちが良いんです


気に入ったものなどずーっと使ってるものが多々あります


周りから見たらみすぼらしいのかもだけど、数少ない自分の中で気に入ってる部分


気持ちだってそうだ




最近、仕事を含め色んなことがありました 色んなことを思いました


どうしようもないような夜 一人うわーっと布団に吠えたことも一度や二度じゃありません


俺辛い時は岩になります


言いたい人には言わせて、打たせて打たせてじっと待ちます


ぴょん太郎は辛い時ほど近くに寄ってきてくれます(thanx)


必ず好機はやってくると打たれながら信じます




そんな日々の中、白河で開催される音楽祭「WE WILL ROCK YOU」への出場決定のお電話


仕事から帰ってきてジムに行く用意をしてるだったんだけど


もう半泣きでした 本当に嬉しかった!


コミネスのステージでまさひろのギターを鳴らさなきゃ☆


一緒にどでかいステージを目いっぱい楽しむのだ




今日のジムの帰りに聴いた「モンじゃい・ビート」と「LIFE」が本当に良かった


ネガティブごときに負けてたまるか!!


明日もFIGHTだー俺っ\(゜ロ\)(/ロ゜)/









2016年10月18日火曜日

何かが欠けてる日々に潰されないように



こんにちは 信です


また間が空いてしまいました!


2016 SNS だだ離れ




最近めっきりと寒くなりましたね


お体には十分お気をつけ下され!






30代とは非常に生きにくい時間なのかも知れないと思うこのごろ


まぁ、すべては自分の捉え方次第なんでしょうがね


自分の小さな夢を笑わないで「楽しみ!」と言ってくれる親友が居てくれるのも確か


そりゃあ誰も見ていなくたって踏ん張れる



 



5ヶ月ぶり山形以来のライブが12月に決まりました


段々と時間を割くのが大変になってくる仕事以外の所、もっと言えば単調な日々の所


何を思い、何をして毎日を過ごすか その積み重ねが重要で


12月には5ヶ月分のそれをしっかりと表せればいいな








そちらの最近はどうですか



こっちは本当に悔しいことばっかりだ



年齢というのは枷でしか無いのか そんな疑問と毎日格闘



その気持ちを払拭するように跳んで、走って、叩いての繰り返しを繰り返す



仕事後の二時間強、ほぼ毎晩全力です  おかげで色々取り戻せてきた感触はあります



体が絶叫することもしばしばですが、多少の無理はしょうがない



毎日スラックスの下に湿布を貼って出勤している・・・・・ことは内緒(笑





疲れてジムに行きたくなくなりかけた時に自分を奮い立たせる曲はこれです


小学校4年生の時もカセットテープにダビングして聞いてたなぁ(笑)


なんと20年以上も支えられている!









過剰な承認欲求が社会問題になっておりますが


人からの承認よりも、まずは自分からの承認が大事かなと思っております


必死な姿がダサくてもいい いつか自分に頷けたらそれでいい。






12月、また元気な姿で会いましょう PHASEで!!











2016年9月6日火曜日

共闘




こんにちは 信です


先日、六年ぶりに山を登ってきました


windflowギターjeeと一緒に、富士山ぶりの共闘でした


最後に登ったのがソロだったので、やはり最高に気が合う奴と登る山は最高だった


今も筋肉痛ですがね(笑)





金曜の仕事を終えじーさまと合流




午前三時 道中 


テカリまくってますががんばって向かうのです(笑)



17号~首都高に乗って→中央道をひた走る我らがカローラ



明け方長野県は沢渡バスターミナルで仮眠



起床後 上高地へ移動 午前九時 いざ開始!







今回目指す場所は涸沢カール


今までの登山とは趣が少し違って、目指したのは山の頂では御座いません


ここは大きな氷河圏谷 (氷河が山を削って出来た)


そこに涸沢ヒュッテという山小屋があり、そこのテント場でテント泊をしたい


というjee たっての希望で今回こちらを目指すことになりました


山岳漫画に出てきたり、テレビで取り上げられたりでとても人気のあるスポット


ご存じの方も多いのではv( ̄∇ ̄)





上高地についてすぐの景色がこれ


本当に日本なのかと思う光景にテンション上がりっぱなし




水も景色もともかく綺麗




長い時間 この川の隣を歩いていきます


水がすごく冷たくて気持ち良かった!





テンションの上がる33歳




途中、吊り橋がいくつかあります 風が心地よい




野生のおさるさんも途中パーティーに加わりました(笑)


のんびりと歩いていきます





この辺り (横尾) まではハイキング的なノリだったんですが


ここから一時間歩くと 急に登山然としてきます




ゆるやかだった角度が、明らかに上がっていく


大きい岩が増え、足を上げる回数が増え、どんどん心拍数が上がる






ガレ場 よく見ると所々に○が書いてあります


ぐらつく岩が多いのでこの印と軽く踏んだ感触を頼りに進みます





着替え・水・食糧・テント等一式を担いでいるので、風に煽られたらすぐにバランスを崩します


実際すれ違った人に血まみれの包帯を頭に巻いてる人がいました


簡単に見える事も山では気を抜かず用心深くが鉄則




けっこう登ってきました


30分に一度くらいの割合で水を補給


富士山から使っている靴・タイツ・ハーパンが今回も大活躍


気圧の変化なのか体がむくんでいきます





いよいよ目的地が近い




今回は終始jeeのリードで歩きました


ゴールは目の前 一段一段が重いです




僕たちが目指したのはこの場所


色とりどりのテントたちが見えます


ここから暗くなるのがあっという間だった


まだ日が出ているうちに到着出来て本当に良かった



我が城です(笑)


石と岩だらけなので、グラウンドシート・銀マットを敷いて調整


じー様の大活躍により、無事にお互いの城を設営完了





すぐに辺りは真っ暗 いくつか持ち寄ったライトたちで互いを照らし合う


そして待ちに待った晩御飯


カップヌードル、おにぎり、やきとり(缶詰)、じーCofeeなどで至福の時


うまかったなぁ~(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)




ぐんぐんと気温が下がり、ダウンを着ていても寒い


携帯の電波は無いし、周りもそうそうにテントに引き上げていたので


片付けをしてお互いにテントに引っ込む


-5℃まで耐えられるシェラフを積んでいったので、私はパンイチになり就寝(=゚ω゚)ノ


シェラフの中では着こむよりこの方が暖かいと聞いたので試したんだけど


ほぼ全裸ですが本当に寒さを感じなかったのです





三時間ほどで起きてしまった


テントなので人が動く音や、動物の鳴き声、ライトの光がダイレクトに届きます


とりあえず再度の眠気が来るまでぼけーっとして


雨がテントにあたる音を聴きながら、非日常感を楽しんでました


( 残念ながら夜の天気はいまいちで星はほとんど見えなかった )



そして9/4 午前4:45 起床






照らされていきます


この後、冒頭の寝ぼけた写真に移ります





そして朝食


昨日とあまり変わらないですが、そこに味噌汁とピザポテトが追加!!


豪勢な朝食でした




少しの食休みを挟んで、いよいよ下山準備


我らが城を片付けて、またザックに詰め込みます


いや~置いて帰りたい(笑)




まるで魔法を使ったかの様に、あっという間に城が消えました


はいんねー! はいんねー!と この口が嘆いてた気もしますが(笑)





クリーンなこの子たちも大活躍でした(★ ̄∀ ̄★)





行きはよいよい 帰りははやい


長くて重い道ですが 帰りの方が断然早かった


でもやっぱり高低差のある岩などは注意して歩く


何度か躓きそうになりました(汗







昼飯は徳沢名物の手作りカレー!


豪快に盛り付けられた感が出ています(笑)


非常にうまかった!!





ラスト休憩のコーラが本当にうまかった!




そして無事下山!!


死に寸の顔で最後の写真撮影!!




すぐに寝たい気分でしたが、明日は仕事(泣)


車にザックをぶち込み即発進!!






途中で温泉に寄って汗を流す


締めは今回もやっぱりこれ


お疲れさまでした!!





帰り道、中央道で大きな事故があり渋滞~


そしてどんどん近づく じー様の最終新幹線の時間


全てを我慢してようやく駅に着いたのは最終時刻の5分前


すごく慌てた最後だったなー(笑)


しかし無事に帰れて何よりです(★ ̄∀ ̄★)



その後カローラを無事に送り届け、爆睡して慌ただしかった二日間が終わりました





久しぶりの山でしたが、とても楽しかった


やはり誰かと登る山は誰と登るかが最重要


富士山の時もそうだったけど


余裕が無くなる瞬間が必ず来るから


そうした時に相手を気遣ってあげられるか、または気遣ってもらえるか


本当に信頼してる人としか俺は登れません


色々とありがとうな じー!!




近々今年の山納め!!?